読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルボのブログ

トータルヘルスケアスタジオHealboのスタッフブログです

私は体幹トレーニングが長くできる!・・・それって本当?

こんにちはスタッフの上川です。

 

今日は体幹トレーニングについてのお話です

 

最近メディアでダイエット方法の一つとして

 

体幹トレーニングの代表でもある

 

フロントプランクを毎日1分続けると良いという記事が

 

出回っています。

 

確かに運動としての質は高く

 

併せて体幹の安定性も鍛えられることから姿勢の改善にもつながり

 

良い姿勢の引き締まった身体を目指すとっかかりには良いと思います。

 

もちろんダイエットとなればそれだけで成立するわけではなく

 

食事管理も必要となりますのでご注意を

 

 

 

今日はそのフロントプランクの

 

実施上の注意点について

 

最近ただ僕の中ではやっているシンプル棒人間で

 

解説したいと思います。

 

ちなみに写真で解説しろよと言われる方もおられるかもしれません。

 

しかしこの運動の微妙な違いについては棒人間の方がわかりやすいのです

 

きっとそうです

 

 

まずは

 

理想的なフロントプランクです

f:id:healbo:20160203102116j:plain

まっすぐ がポイントなのは言うまでもありません。

 

平面を変えた際に直立の姿勢と同じになるよう意識

するのがポイントです。

 

 

では間違った例を見てみましょう

f:id:healbo:20160203102133j:plain

よくある間違いです

 

腰がへの字になっていたり

 

逆に沿っているパターンですね

 

これだと腰や脚の筋肉に対して負担がかかり

 

腹筋が働きにくい人だとこの運動のせいで

 

むしろ腰を痛めてしまう素因を溜めこんでしまいかねません。

 

では次です

 

f:id:healbo:20160203102137j:plain

次は腕の置き方です

 

肘は方から真下に置くようにしましょう

 

地面と上腕(肘から上の腕)が90度をなしているのが理想です

 

これにより上腕はつっかえ棒の役割をするので、

 

腕を支える筋力を最小限にとどめることができます。

 

肘の位置がずれていると腕の筋力を余計に消費するばかりか

 

体幹への効果まで半減してしまします。

 

そして肩を痛める素因を身体にため込む原因にもなりますので

 

ご注意を。

 

 

つづいてはまっすぐしているつもりでも

 

微妙になっていない人へのご注意です。

f:id:healbo:20160203102143j:plain

まっすぐというのは、

 

背骨本来のS字が整っている状態をいいます。

 

ご注意していただきたいのは

 

全体としてはまっすぐに見えなくもないが、

 

こちらの↓の図のように背骨の湾曲が極端だったり

 

骨盤が変に傾いていると、これも効果半減です

f:id:healbo:20160203102148j:plain

 

 

 

さぁてこのほかにも様々な癖があり

 

体幹トレーニングを正しくやるのは意外と難しいということがわかります

 

しかし冒頭でも述べた通り、効果としては非常に期待できるトレーニングです。

 

鏡などで見ながら少しずつ綺麗にしていきましょう。

 

そして最後に・・・

 

このトレーニング

 

理想のフォームに近づけば近づくほど

 

しんどいです!

 

あんまりやったこともないのに楽に1分できた!

 

なんて甘いものではありません。

 

前後左右のバランスが整うと、少しのズレもストレスになりますので

 

全身プルプルしてきます。

 

整っていないとどこかの大きい筋肉だけメインで働いて

 

少し疲れたー程度です

 

そのへんをご注意の上、あなたのフロントプランク

 

本当に効いていますか!?

 

 

スタッフ

上川

 

 

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング 

機能回復 障害予防 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都