読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルボのブログ

トータルヘルスケアスタジオHealboのスタッフブログです

ストレッチはケガのリスクを高める!?の見解

f:id:healbo:20160208182904j:plain

 

みなさんこんにちはスタッフの上川です

皆さん2/8のバイキング観ましたか?

僕はたまたまお昼休みで観ていたんですけど

丁度見たときに流れたのが

「運動前のストレッチはケガ率を高める!?」

という話題でした

 

少し詳しく話すと

運動前に静的ストレッチ、

つまりじーっと伸ばすいわゆるストレッチを実施すると

しなかった人よりもケガした人が多かったという論文をもとに構成されていました。

ストレッチにより伸びた筋肉はゆるくなっているので

支持性が弱くなりケガに繋がるのでは

みたいなまとめ方でした

 

僕もストレッチの良し悪し騒動本とか論文とか

学生の頃に読んでいたのでそれなりに今回の論文も知っていたのですが

今回の放送では勘違いされそうな表現で終わっていたので

あえて書いておこうと思います。

 

最初は他の論文とか学説引っ張ってきて

つらつら述べようかと思いましたがそこまではやめます

シンプルにまとめます

⇩⇩⇩

・運動前にストレッチをした人はしていないひとよりケガが多かったという論文がある

・いつもストレッチをしていない人がその時だけストレッチを

 したせいだという意見もある

・上半身と下半身ではストレッチ後の結果に差がある

・ストレッチの前後にランニングやダイナミックストレッチなどほかの

 ウォームアップを行っていない条件での話なので現実とは少し違う話

・もともとケガや痛みを抱えている人などの条件設定があいまい

 

 

つまり、条件設定による様々な意見があり

未だこの論争に決着はついていません。

 

 

そして皆様にご注意いただきたいのは

運動前というのはこの場合競技前であって

トレーニング・エクササイズ前ではないことです。

 

つまり身体を良くしようとエクササイズをしていく流れで

ストレッチをしないなんてありえません!

問題は筋肉の長さではなく

可動域の広さ

そしてさらに言うならば

自分の意志で扱える可動域の広さと

不意な動きに対応できる柔軟な身体の繋がり です

そのための前段階としてストレッチが必要であることに変わりはありません。

 

 

加えて、ストレッチは効かせる部位

方法・時間・組み合わせで

効果は様々です

より良い効果をもたらすように工夫するのがトレーナーの仕事でもあります

 

 

今回のバイキングでの放送は決して嘘を言っていたわけではありません。

しかし、解釈や予備知識の違いで

勘違いしていまう人がいると思ったので

あえて説明させていただきました。

 

 

皆様も日々のストレッチは決してやめないでくださいね。


 

スタッフ

上川

 

 

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング 

機能回復 障害予防 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都