読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルボのブログ

トータルヘルスケアスタジオHealboのスタッフブログです

BMIについて復習です

こんにちはスタッフの上川です

 

今日は意外と覚えられていないBMIという数値について

 

お勉強していきましょう!

f:id:healbo:20160421191707j:plain

まずはBMIとは何か

 

以下 厚生労働省e-ヘルスネットより引用です

BMIBMI

/ Body Mass Index / ボディ・マス指数 / 体格指数 /

[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で算出される値。

肥満や低体重(やせ)の判定に用いる。

肥満度を表す指標として国際的に用いられている体格指数で

[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で求められます

(身長はcmではなくmで計算します)。

計算方法は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なり

WHO(世界保健機構)の基準では30以上を

”Obese”(肥満)としています。

日本肥満学会の定めた基準では18.5未満が「低体重(やせ)」

18.5以上25未満が「普通体重」、25以上が「肥満」で

肥満はその度合いによってさらに「肥満1」から「肥満4」に分類されます。

BMIが22になるときの体重が標準体重で、

最も病気になりにくい状態であるとされています。

25を超えると脂質異常症糖尿病高血圧などの

生活習慣病のリスクが2倍以上になり、

30を超えると高度な肥満としてより積極的な

減量治療を要するものとされています。

なお内臓脂肪の蓄積は必ずしもBMIと相関しないため、

メタボリックシンドロームの診断基準には盛りこまれていませんが、

メタボリックシンドローム予備軍を拾い上げる意味で

特定健診・特定保健指導の基準にはBMIが採用されています。

 

さぁてとりあえずざっくりと読んでいいただきました。

 

まとめます

 

BMI 

[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で算出される値。

ちなみに体重50kg身長160cm(1.6m)の場合→50÷2.56=19.53125・・・

〇肥満や低体重(やせ)の判定に用いる。

〇国際的には30以上で肥満であるが日本では25以上

〇ちなみに22が最も病気になりにくい数値で

 そこから外れるほど健康リスクを負う

 

少し理解しやすくなりましたか?

 

まずは計算してみてくださいね!

 

BMIと理想のボディは一致しない!?若者の価値観

 

皆様ご自身のBMIは計算できましたか?

 

うまくいかない人は多分身長をcm→mに直すのを忘れています

 

ご注意を

 

このBMIの数値ですが

 

上でも書いた通り22が理想とされています。

 

しかし、若年女性はこれを下回る状態を理想の体型と

 

されている方が多くいらっしゃいます。

 

スリムで美しい体型は健康な身体とは少しかけ離れてしまうのです

 

日本で最近活躍しているモデルさんは

 

14~19ぐらいがほとんどです

 

痩せすぎですね・・・

 

もちろん様々なモチベーションの中で体型を

 

コントロールされている方が多い年齢層ですから

 

ある程度は仕方ありませんが、

 

ぼちぼち健康を気にしていこうかな・・・となった時には

 

20ぐらいには戻していただいたほうが良いですよ

 

脂肪があっても筋肉を適度に保つことで

 

体型はコントロールできるものです

 

ただ単に痩せるではなく

 

”シェイプアップ”という考え方を目指すとよいですね

 

 

スタッフ

上川

 

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング 

機能回復 障害予防 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都