読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルボのブログ

トータルヘルスケアスタジオHealboのスタッフブログです

バランスの極意

f:id:healbo:20160307160144j:plain

みなさんこんにちはスタッフの上川です

 

今日はバランスについてのお話です

 

バランスを上手くとるには筋力が必要だと思っている人いませんか?

 

実はそんなことないんですよ

 

例えば写真のような一本足バランスの際

 

もちろんパワープレートの振動の上で実施しているので

 

筋力を使っていないわけではないのですが・・・

 

大事なのは「筋力は弱くても安定は可能」ということです

 

バランスってどうやってとるの?

 

これが問題です

 

ただ一本足で立とうと意識してがんばる、では実現しません

 

バランスのコツは骨(コツ)なんです!(・・・。)

 

つまり、筋肉を意識して耐えるのではなく、

 

例えば上の写真であれば、

 

踵の骨の上にいかに乗るか というのがポイントになってきます。

 

 

 

踵にしっかりと体重のポイントを作ってからポージングに入り

 

あとは股関節周囲の骨の位置をいかにその真上に持ってくるか

 

そのようなことを考えながらポーズをとっています。

 

踵にしっかり体重を乗せておくと足の指は力が抜けており

 

微妙なブレはその指が細かく動いて微調整してくれます

 

これをもしつま先又は前足部に体重を乗せると

 

指は力が入りっぱなしになりやすく、微調整で活躍してくれません。

 

 

 

真っすぐ片足立ちするときも

 

膝でがくがくと力加減を調整している人が多いのですが、

 

踵の骨にしっかりと体重をかけて、

 

股関節の骨の位置を以下にその真上に置くか、ですね

 

 

 

コツは骨なんです!とか豪語しておいて

 

本当は「踵と股関節の骨の感覚」というのが正解になるでしょうか。

 

股関節の骨は気を付け!したときに手首があたるかもう少し上の

 

「大転子」というでっぱりを触ってみると、意識しやすくなります

 

 

 

筋肉は流動的 骨は動きません!

 

そうなんです。

 

筋肉の力の入れ具合でバランスをとろうとしても

 

筋肉は柔らかいもので形は変わりやすいのです

 

それに引き換え骨はまさに骨組みとして身体の芯にその形をとどめています

 

骨を感じることができれば

 

あとはその動きに合わせて筋肉が動くのです

 

筋肉を先行して動かすという感覚ではいけません。

 

身体感覚の基準はあくまで”骨”なんですね

 

ますは余計な力を抜いて

 

「いかに骨を感じながら最小限の力で安定できるか」

 

これにチャレンジしてみてください!

 

 

 

今日は少し難しい言い回しになってしまいました・・・。

 

伝え方は難しい・・・

 

バランスに関してはまた書きます!

 

次回をご期待ください!

 

スタッフ

上川

 

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング 

機能回復 障害予防 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都