読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルボのブログ

トータルヘルスケアスタジオHealboのスタッフブログです

慌てて動いて「アイタタタ・・・」そんなあなたはゆっくり動きましょう

こんにちはスタッフの上川です

 

今日はゆっくり動くということについてお話しします

 

いつでもあわててせかせか動いているあなたは必見です。

 

 

f:id:healbo:20160928110714j:plain

 (ゆっくりといえば太極拳

 

慢性的な動き出しの腰痛対策

朝目が覚めて起きようとすると

動き出しにいつもの腰痛

「アイタタタタ・・・」なんて言いながら

寝返りしたり立ち上がったりしている人いませんか?

 

こんなひとは

以前記事にもした

「高燃費動作」さんかもしれません

ぜひご参照ください👇↓

healbo.hatenablog.com

 

 

長いこと痛みを抱えていたために

大雑把な動きで自然と関節に負担をかけたり

痛みの周囲の筋肉をかためてしまっている可能性があります

 

そんな人は

まず「脱力状態」から

必要な分だけ少しずつ力を足していく動かし方

してみてください

 

寝返り一つにも10秒くらいかけても良いでしょう

 

そうすると

本来働くべき筋肉がわかってきます

 

あぁ

寝返りのこの角度の時は

実はこのあたりに負担がかかっていたんだな~とか

ここは力を抜いていても身体はついていくんだな~とか

発見があります

 

 自分の動きのクセを知る良い機会にもなりますよ

 

新しい動きを作る

動きのクセというのは

身体のどこかに負担をかけ続けます

今は今の動きで弊害なく動けても

それは確実に蓄積していき

 

免疫が落ちたり

体力低下したり

疲労が一定を超えたり

気候だったり

 

様々なきっかけで

痛みとして表現されます

 

そうなる前に

ご自身の動きの悪い癖を自覚し

改善していくのが最善の予防です

 

まず始めるなら

”力を入れすぎているところを探る”

ゆーっくり動いて確かめてみてください

 

まとめ

・クセを知ることが痛み予防の第一歩

・慢性的な動き出しの痛みは”高燃費動作”さんの疑いあり

・ゆっくり動くことで無駄な力による弊害を抑える

 

ゆっくり動く寝返り(例)

・左向きに寝ているとする

・たとえばまず右手だけ開いてみる

・肩もついていくように開く→上半身だけ上向きになる

・右足から順番に下半身も上向きになる

・左腕を身体の右側に持ってくる

・ゆっくり肩甲骨も持ち上げて上半身だけ右向きになる

・左の骨盤から持ち上げながら下半身も右を向く

 

のように

関節とか部分ごとに分離して動かせると良いです

全身で一気に動くことがないよう試してみてください

 

スタッフ

上川

 

 

 

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング 

機能回復 障害予防 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都