読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルボのブログ

トータルヘルスケアスタジオHealboのスタッフブログです

夏バテしていませんか?

こんにちはスタッフの上川です

 

みなさん夏バテしていませんか?

 

本当に連日の暑さが続き

 

ヘルボの会員様からも

 

なかなか外出する気になれないというお話を良く伺います

 

クーラーをかけた部屋でごろごろすることも増え

 

体力も低下傾向だそうです

 

夏バテは真夏ではなく残暑のこの時期にも充分注意

f:id:healbo:20160826164256j:plain

疲れは蓄積するものです

 

毎日寝ているとはいえ、疲労がすべて抜けるわけではありません

 

気持ち的にも夏の始めは

 

お盆休みまでは頑張る!と思って

 

気を張っていたのに

 

お盆休みが終わってしまい息抜きする暇がまたなくなった

 

しかしまだ暑い!

 

という状態になってはいませんか?

 

夏バテとは!?

夏バテとは特定の病気ではありません

 

主に自律神経の乱れ・水分塩分不足などを原因として

疲労が蓄積し

様々な症状が出現することをいいます

 

症状としては主に以下があげられます

・疲労感 だるさ

・食欲不振

・下痢

・めまい、たちくらみ

・吐き気

・頭痛、発熱

 

こう見てみると、夏バテで片付けられないようなものも

含まれていますね

 

病気の前兆としてでるものもありますので

ちょっと夏バテだから休めば大丈夫といわず

予防のための検査として病院に行くこともお忘れなく・・・

 

さて夏の疲れはどうやってとりましょう?

 

・食事のコントロール

・適度な運動

・体温調節

・快眠

 

このあたりがポイントになりますね

 

・食事のコントロール

これは、冷たいものばかりとか

果物ばかりで暑さをしのいでいた人に注意です

身体の機能を正常に保つためには

栄養素が過不足なく必要です

バランスよく様々なものを規則正しい時間に摂る

基本の生活に戻しましょう

 

・適度な運動

これは暑さでできなかった人が多いのではないでしょうか

室内でも結構です

暑さで汗をかかされるのではなく

自分の意思で身体を動かして積極的に汗をかきましょう

そして適切に身体を拭いたりシャワーを浴びることで

汗腺の機能も正常になるようにしましょう

 

・体温調節

これはクーラーを使用してはいけないということではありません

かけすぎや、逆に寝るときに部屋が暑すぎるということが

ないように調節しましょう

オフィスなどでクーラーを浴びすぎている人は

適度に外気に触れることも必要です

もちろん猛暑日に外に出るのはお勧めできませんが

日陰や風当たりの良いところで

少しだけでも外気に触れておくと朝・昼・夜の

自然なサイクルを身体が感じることができます

 

・快眠

これはむずかしいことですが

寝苦しさから脱力できない状態で

寝ている人が多いのではないでしょうか

寝るときにはクーラーも利用しながら

温度調節をして

しっかりと脱力して寝てください

布団の面と身体の間に隙間があると

身体は脱力しきれません

バスタオルなどを利用して隙間を埋めてあげることで

快適な寝姿勢を作りましょう

 

 

まとめ

f:id:healbo:20160603192853j:plain

様々な対策がインターネットでも

掲載されています

まずは実際にやってみることが大事です

「自分は大丈夫」

こんな風に思っていたら

気づかぬうちに疲労がたまり

爆発しかねません

 

休みをうまく利用して

夏の疲労を改善し

次の季節の到来に備えましょう

 

併せてパワープレート無料プチ体験会のご案内もご覧ください

healbo.hatenablog.com

スタッフ

上川

 

 

 

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング 

機能回復 障害予防 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都