読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルボのブログ

トータルヘルスケアスタジオHealboのスタッフブログです

身体の反り方講座

こんにちはスタッフの上川です

 

今日は身体の反り方講座です

 

腰が重いなーってときに

「イテテテテ・・・」となりながら

腰を反っている人をみかけたり

自分でも思い当たる人はいませんか?

 

実はこの反り方、間違ってやると

むしろ腰を痛めてしまうのですが

上手くやると、腰の関節の動きを改善することもできるのです

 

整形外科で腰痛体操と言えば

マッケンジー体操ですが

これをもと、より多くの人が安全にできるよう

アレンジしています

  

間違い編

f:id:healbo:20161209154329j:plain

これは非常によくある間違いですが

腰を反るというより

骨盤が前に出すぎているバージョンです

つまり全体としては反っているように見えますが

腰の部分はほとんど反れていません

これは一定を超えると支えが効かなくなり

腰に急に負担が来るのでケガに要注意です

 

f:id:healbo:20161209154347j:plain

これは猫背の人にありがちな反り方で

肘ばっかりを後ろに引いて

肝心の背骨が反るのを邪魔しているバージョンです

左右の肩甲骨が後ろで寄ってしまうと

筋肉によって背骨の反りが起きなくなります

これは背中の筋肉がかたくなりますので

やり過ぎると逆効果です

 

正解編

f:id:healbo:20161209154450j:plainf:id:healbo:20161209154413j:plain

手順を簡単に2段階に分けますと

①まず最初に顎を挙げます

 

ここで首を反るとは言わないのは

反るのが目的ではなく

首の前の筋肉を突っ張らせることが目的だからです

身体の前面の筋肉が反っていると

背骨の反りすぎを防止してくれるので

安全に効果を得られます

 

f:id:healbo:20161209154431j:plain

そして写真の様に

②上+斜め後ろ方向に伸びあがっていきます

 

これも後ろに反ることではなく

胸や腹筋を伸ばす(ストレッチ感が得られるように)

のが目的になるからです

 

こうすることで

背骨の関節に過剰な負担なく

本来必要な関節運動を引き出すことができるのです

 

もちろん強く反ってしまうと危険ですので

痛くない程度で止めるということは必ず

覚えておいてください

 

腰が重たいときなどにやってみると

2~3回繰り返すだけで少し軽くなりますので

反り過ぎには十分注意して

お試しください。

やり方は非常に大事ですので

最初は鏡などをみて

間違いバージョンになっていないか

しっかりチェックしてみてください

 

 

※日常の重さ程度の方におススメします

 疾患として腰痛をお持ちの方は安易に実施せず

 専門の医療機関の指示を守ってください

 

スタッフ

上川

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング 

機能回復 障害予防 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都