ヘルボのブログ

トータルヘルスケアスタジオHealboのスタッフブログです

芸術の秋 会員様の芸術巡り

こんにちはスタッフの上川です。

 

いよいよ本格的な秋を感じる時期となりました。

味覚の秋・運動の秋・読書の秋などなど

皆様それぞれの秋にを過ごしていらっしゃるかと思いますが

 

今回は味覚の秋に要注意!なんて野暮な話はやめて

芸術の秋を感じていただければと思います。

 

ヘルボの会員様には様々な趣味をお持ちの方がおられまして

絵を書いたり、刺繍をしたり、洋裁・和裁、カバンづくりなどなど

非常に多岐にわたっております。

 

ちなみに受付に飾らせていただいているひまわりの絵は

海外でも個展を開かれた芸術家の方から譲り受けたものです。

 

 

さて今回は

会員の皆様が作られた様々な芸術作品の

展示会が立て続けにあり

休みを利用してお伺いしたものから

掲載の許可をいただいた作品を写真でお送りします。

 

しかし写真を撮る私に芸術のセンスがないものですから

せっかくの良さが出し切れていないことはご了承ください。

 

ではいってみましょう!

 

まずはこちら

高槻市役所にてシニアクラブの展示会が開催されており

そこで展示されていた作品集です。

 

f:id:healbo:20170921192741j:plain

刺繍作品

 

f:id:healbo:20170921192756j:plain

 ちぎり絵

 

f:id:healbo:20170921192819j:plain

 綿棒でひな人形

 

そして次がこちら

京都文化博物館にて

人形作家の森小夜子さんの教室の展示会が開催されており

そこで展示されていた作品です

 

 

f:id:healbo:20170921192839j:plain

 人形作品

 

 

次は

高槻市民ギャラリー”えきちか”にて

展示されていた”ちぎり絵”です

f:id:healbo:20171012154806j:plain

 

 

いかがでしたでしょうか?

全部ヘルボの会員様が作られたものです。

私は芸術に疎いのですが、どれもはじめて目にするようなものばかりで

非常に興味を刺激されました。

しっかり近づいてみてみると

非常に細かい仕事がなされていることがわかり

作品によっては何か月もかけて完成されたというのにも

納得のいくものでした。

 

 

 

ヘルボに勤めてから

時々いただくお花や

手作りの作品などをたくさんみせていただき

今まで触れていなかったものにふれる機会が増えました。

 

芸術鑑賞というにはまだまだ浅い段階ですが

いろいろなものに興味が沸き

足を運んだり、やってみるというクセがつき始めたように思います。

 

これもひとえに会員の皆様のおかげです。

 

こういったつながりやコミュニケーションも

トレーナーの仕事の醍醐味であると実感します。

 

 

スタッフ

上川

 

 

8/13より日曜日営業開始!

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング ダイエット シェイプアップ

機能回復 障害予防 アスリート養成 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都

流行るのかスニーカー通勤!?

こんにちはスタッフの上川です。

 

先日スポーツ庁が「スニーカー通勤」のように歩きやすい服装

そしてそれに伴う運動効果・健康増進

を狙いとしたキャンペーンを実施することを発表しました

f:id:healbo:20171004165418j:plain

 

移動は歩きやすい靴

オフィスではビジネスシューズというように

場所や目的に合わせて靴を履き替えるという

理想的な使い分けができることは非常に良いことです

 

そしてスニーカーを履くことで

1駅前で降りて歩くなどの

運動効果を日常生活に取り入れていくことも

重要なことだと思います。 

 

しかしスーツにスニーカー

”見た目”という点で

なかなか受け入れがたい人もいるのではないでしょうか?

 

そこでキャンペーンとしては

スニーカー通勤の実施例を大企業などが

率先して提示することで

世論を引っ張るという方向性らしいです。

 

 

私は医療現場や

スポーツ現場で働いてきましたが

靴の重要性はいうまでもなく大きいものです。

 

 

しかし膝や足がどれだけ変形していても

靴はおしゃれなものであり履き心地は二の次という考え方は

なかなか根強いものであると感じています。

 

実際キャンペーンが始まってみないとわからないものですが

スニーカー通勤は無事に流行るのでしょうか?

 

ちなみに

ファッションのサイトなどで調べてみると

今でもスーツにスニーカーのコーディネートは

メンズレディース問わず存在するようです

なんか元からオシャレに興味がないと

チャレンジするときすごく勇気がいりそうな気も・・・

 

 

ちなみに僕はスニーカー通勤です。

 

スーツは着ていませんが。

 

 

8/13より日曜日営業開始!

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング ダイエット シェイプアップ

機能回復 障害予防 アスリート養成 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都

 

歩幅は無理やり広げない 踵から着地しようとしない

こんにちはスタッフの上川です。

 

ブログでは何度も申し上げていることですが

最近またTV放送の影響で

「歩幅を広げて」「かかとから着地」の

意味を間違って認識してしまった方々のお話しを

耳にしましたので

改めてこの内容についてお話ししようと思います。

 

大前提として

「歩幅が広がり、かかとから着地していること」自体は歩行にとって

良いことです。

 

しかし、”意識”として

「歩幅を広げよう・かかとから着地しよう」

全く話が別なんです。

もともとの身体の使い方が相当に良い人でなければ

間違った歩き方を招く”意識”の仕方になってしまいます。

 

歩行のキーは上半身

これはヘルボのブログでも以前紹介させていただきました。

膝や腰を痛めにくい歩き方というのは

太ももの裏側の筋肉ハムストリングス

良好に働いている必要があります。

太ももの前の筋肉である大腿四頭筋ばかり

働いていると、膝や腰を痛めやすくなります。

 

f:id:healbo:20170928120003j:plain

赤=ハムストリングス 青=大腿四頭筋

 

そして

ハムストリングスが働くためには

上半身が地面に対して垂直に近い良い姿勢である必要があります。

 

前かがみになっていると

ハムストリングスの働きである

股関節の伸展→脚が身体の軸より後ろ方向に動くこと

という働きが起きません。

f:id:healbo:20170928121327j:plain

 太もも(赤色)が身体の軸(黄色)より後ろに下がる動き→股関節伸展

f:id:healbo:20170928121623j:plain

前かがみだと太ももは身体の軸より前か一直線程度になる

 

 

なので、

脚の筋肉どうこうを考えて歩くのではなく

まずは上半身の姿勢が維持できているかが

歩き方の意識のポイントになります

 

姿勢の維持は目線に依存する

姿勢というものは目線の方向にとても影響を受けます。

上を見ようとすれば頸椎は反りますし

下を見ようとすれば頸椎は曲がります。

そして頸椎は背骨のことですから

背骨全体の状態にも強く影響してしまいます。

 

つまり

「下を向いて歩けば猫背で歩くことになる」

単純な話です。

 

意識は目線をコントロールする

さてここでようやく最初の話に戻ります。

歩幅を広げよう・かかとから着地しよう

こう強く思って歩くと人はどこを向いて歩くでしょうか

 

多くの方が下を向きます。

 

室内のウォーキングレッスンでは安全かつ

鏡に映る自分が見えるので前を向いていても

 

外に出れば足元が気になりますし

鏡がないので自分の状態が気になって仕方がありません。

 

多くの人は自身の視界に自身の身体が入っていないことに

慣れていません。

見えている=安心です

 

そうして下を向いて歩幅を広げようとしたり

踵から着地しようとすると

ブレーキの筋肉であり膝痛や腰痛を引き起こす

大腿四頭筋ばかりが働いてしまう歩き方になります。

 

こうして脚のことばかり意識しすぎた結果

結局”悪い歩き方”になってしまうのです。

 

 

まとめ

歩幅がやや広く

結果としてかかとから着地している歩き方は

良い歩き方です。

 

しかしそれはまず

上半身の姿勢・目線・腕の振りなどを意識した歩き方の”結果”

そうあるべきだということをご理解ください。

 

現在歩き方が悪い人が最初に意識すべきは

 

 

そして

一番多くの間違いは

歩幅が広がる方向は

前ではなく後ろであるということ。

ポイントはハムストリングス

このあたりはまた改めてブログにしたいと思います。

 

スタッフ

上川

 

 

8/13より日曜日営業開始!

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング ダイエット シェイプアップ

機能回復 障害予防 アスリート養成 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都

腹筋をやれば自動的に反り腰が治るのではない part3

こんにちはスタッフの上川です。

 

今日は

「腹筋をやれば自動的に反り腰が治るのではない」シリーズ

最終版の

「姿勢を変えるには」という確信の部分について

お話ししていきます。

 

以前の記事を読んでいない方はこちらから順番にお読みください

腹筋をやれば自動的に反り腰が治るのではない part1 - ヘルボのブログ

腹筋をやれば自動的に反り腰が治るのではない part2 - ヘルボのブログ

 

 

振り返り

part1では腹筋運動の種類とリスクについてお話しました

part2では骨盤と背骨を意識的に動かす方法について説明しました

 

腹筋運動で、ある程度腹筋の筋力がついた状態で

骨盤背骨を動かす方法を覚えた方は

これを立位でやっていただきます

 

結局は立っているときに骨盤・背骨を戻すことができなければ

実際の姿勢は変わりません。

 

立位・骨盤転がし運動

 

f:id:healbo:20170908143440j:plainf:id:healbo:20170908143459j:plain

写真

このように立った状態でも

骨盤・背骨を動かせるようになりましょう

 

そして一番大事なのは

微調整できるようになることです

 

そして動かせるようになったら

鏡を見ながら理想的な背骨のラインに合わせて

骨盤や背骨を留める練習です

姿勢の目安は

こちらの記事に掲載していますのでご確認を

 

healbo.hatenablog.com

 

 

ちなみに

●腰が反っている人は骨盤を意識して後ろへ転がす

f:id:healbo:20170908143553j:plain

●腰自体は沿っていなくてみぞおちが前に出ているタイプの人は背骨を後ろにもどす

f:id:healbo:20170908143622j:plain

この違いに注意してください

 

最後に今日の記事を

動画にしていますので

ご覧ください

youtu.be

 

 

 

まとめ

 

反り腰・腰痛の方向け姿勢改善方法

・腹筋運動にて基礎筋力をつける

・骨盤の動かし方・背骨の動かし方を腹筋の働きと結び付けて習得する

・綺麗な姿勢を知り、骨盤・背骨を動かしてその位置に収まるよう心掛ける

 

反り腰・腰痛の根本的な改善は

背骨に負担をかけない姿勢を維持すること

または崩れても調整するスキルを得ることにあります

 

何かをひたすらやっていれば勝手に予防や改善できるということはありません。

面倒に思う方もいらっしゃるかもしれませんが

美しい姿勢は気持ちも美しく保ってくれます。

 

ぜひトライしてみてください

 

 

スタッフ

上川

 

 

8/13より日曜日営業開始!

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング ダイエット シェイプアップ

機能回復 障害予防 アスリート養成 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都

腹筋をやれば自動的に反り腰が治るのではない part2

みなさんこんにちはスタッフの上川です

 

今日は

「腹筋をやれば自動的に反り腰が治るのではい」の

第2弾です

 ちなみに第1弾はこちらです⇓

healbo.hatenablog.com

前回は前提としてのお話で

シットアップとクランチの違いをご理解いただき

クランチを推奨しますよという結論でした

 

しかし反り腰を治すためにクランチをしておけば勝手に治るのか

いいえ違います!という確信の部分にせまっていきたいと思います。

 

反り腰が良くなるとはどういうことか

まずこれがわからなければゴールの見えないレースになってしまいます。

なので

反り腰の人の骨盤と背骨

正常な人の骨盤と背骨

それぞれのイメージをごらんください

 

上が正常イメージ

下の二つが反り腰イメージです

f:id:healbo:20170830154506j:plain

 

f:id:healbo:20170830154559j:plainf:id:healbo:20170830154620j:plain

左は腰が反っているパターンで

右はみぞおち付近が反っているパターンです

ちょっと極端な図式になってしまいましたがおおよそこんな感じです

 

ご理解いただけたでしょうか

反り腰にもまたそれぞれ多少の違いはあるのですが

ひとまず大きな特徴として

骨盤の前傾・背骨の前弯増増強

すごく簡単に言えば

「骨盤と背骨が前に行き過ぎている感じ」です

 

これを治すためにその逆で

「骨盤と背骨をちょうどよいぐらい後ろに戻す」

 

これが反り腰改善の方法です

そしてこの「ちょうどよい」という部分が

筋力=姿勢改善にならない最大の理由ですがそれはまた次回

 

骨盤を後ろに転がす腹筋運動

今日はこれを紹介したいと思います

クランチやシットアップとの違いも明確です

f:id:healbo:20170830153455j:plain

まずは坐骨(ざこつ)といって

おしりの左右にある骨が地面に当たるよう真っすぐ座ります

そして下の写真のように

骨盤と背骨を後ろに倒す練習です

f:id:healbo:20170830153520j:plain

f:id:healbo:20170830153548j:plain

倒すと先ほどまで坐骨が当たっていたお尻は

仙骨(せんこつ)といって真ん中の骨がひとつだけ当たるようになります

上の写真ぐらい肩の位置が変わらず腰だけ動けるのが理想です

下の方は一見姿勢が悪くなっているように見えますが

まずは前後に最大限動かせるようになってもらいたいので

これでもひとまず構いません。

 

 

そして次は寝転がって行う方法です

f:id:healbo:20170830153714j:plain

寝ると背骨の湾曲で腰の骨は浮きます

膝を立てたうえでこの隙間を埋めるように力を入れると

 

f:id:healbo:20170830153746j:plain

f:id:healbo:20170830153806j:plain

 

このように自動的に骨盤は後ろに転がるのです

しかも下腹部に力が入っているのがわかりますか?

といっても写真じゃ見えにくいので

動画はこちらです

youtu.be

 

 

こうやって

座った姿勢バージョン・寝た姿勢バージョンで

腹筋に力が入ることと

盤(背骨)が後ろに転がること

イメージとして結び付けていただくことからスタートです

 

推奨例として

まずは寝る前に

寝た姿勢での骨盤転がし運動を10回程度

息を吐きながらゆっくり動かしていただくとよいです。

 

日中は椅子に座って骨盤転がし

これは10回~20回

これも息を吐きながらゆっくりです

早く動かす練習をしていると

最初に書いた「ちょうどよい」の調整ができなくなります

 

ここまでのまとめ

クランチ 筋力をつけるための運動

骨盤転がし運動 下腹部の働きと骨盤背骨の動きをイメージづけるための運動

 

そして次回が

「実際に姿勢を変える方法」です

ひっぱって申し訳ありませんが

このpart1とpart2の内容が

あたかも姿勢を勝手に改善する運動として誤解されていることが多いので

まずはそのイメージ改善から書かせていただきました。

 

しかし、ここまでの運動で実際に腰痛が改善することもあります

ただそれは腰痛の症状が緩和するだけで、

反り腰自体は治っていないことがほとんど。

反り腰のままだとまた結局腰痛に悩まされるリスクを負います。

ですので

きちんと姿勢の変化を実感できるよう

次回もぜひご覧ください。

 

 

 

スタッフ

上川

 

 

8/13より日曜日営業開始!

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング ダイエット シェイプアップ

機能回復 障害予防 アスリート養成 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都

腹筋をやれば自動的に反り腰が治るのではない part1

こんにちはスタッフの上川です

 

今日は反り腰起因の腰痛予防における腹筋運動についてお話していきます

よくありがちな勘違いとして

腹筋の筋力が上がれば腰痛予防できる

というものがあります。

 

筋力が上がっても姿勢が変わらなければ

腰部にかかっている負担は抜けにくいと考えられます

 

つまり筋力=姿勢ではないということが

この話のポイントになってきます。

 

そして

腹筋の種類や実施上の注意なども含めて

実際に姿勢を変える方法まで説明すると

少し長いお話になりますので

今日はまず

腹筋の種類からお話ししていこうと思います

 

腹筋の種類

まず大事なポイントとして腹筋の種類を紹介します。

シットアップ
f:id:healbo:20170829173937j:plain

これは俗にいう上体起こし

皆様が腹筋運動をするときに思い浮かべる方の腹筋です

膝をたてて足を引っかけたり持ってもらったりして

背骨を曲げるように上半身を起こしていく

 

クランチ

f:id:healbo:20160620203841j:plain

これも主動筋は腹直筋であることに変わりありませんが

腰椎を地面から離さない方法で

上体を起こすという運動のシットアップに対して

脊柱を屈曲させるという意味合いが強いほうの腹筋運動です

 

 

二つの違いを整理します

シットアップ

腹直筋が主役 しかし大腿直筋や腸腰筋など下半身の多くの筋肉が使用される

上体を起こすことが動きの目的

 

クランチ

腹直筋が主役 純粋に腹筋に対しての効果を感じやすい

脊柱の屈曲運動が動きの目的

 

このようになります

ちなみに腰痛予防という観点で言えば

身体を痛めるリスクが低いほうをまずは選択したいですよね?

そういう面では腹筋のみを純粋に意識しやすい

クランチ」が第1選択となります

 

しかし実はこの両者にもさらなる弱点があります

これは上半身の扱い方

手は頭の後ろで組んだり胸の前で交差させたりと

やり方はいくつかあるのですが

何にしても

腕や背筋に力が入る」と腰に痛みを引き起こすリスクとなります

これが感覚的にリスクにならないよう

コントロールできる人は全く問題ないのですが

そうじゃない人が腰痛だから~と

腹筋をやりすぎた時に

逆に腰が痛くなったーというパターンでみられる

間違った身体の使い方です

 

上半身はなるべく必要最小限の力

保持するように気をつけましょう

 

まとめ

さぁみなさんシットアップとクランチの違いは何となく

理解していただけたでしょうか?

しかしまだ話はこれからです

なぜなら

シットアップでもクランチでも

筋力はつきますが

まだ姿勢を変えるまではいかないのです

 

筋力=姿勢を変えるではないと申し上げましたが

姿勢を変えるのに前提として多少の筋力がある方が良いのは良いのです

だからできる人はクランチを頑張ってみましょう

 

そして次の投稿にて

姿勢を変えるための腹筋についてお話していきます

次回もぜひご覧ください

 

 

スタッフ

上川

 

 

8/13より日曜日営業開始!

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング ダイエット シェイプアップ

機能回復 障害予防 アスリート養成 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都

ヘルボ スタッフ 勉強会レポート 

こんにちはスタッフの上川です。

 

先日、柔道整復師の先輩にお誘いをいただき

上新庄のうえまつ鍼灸整骨院様(うえまつ鍼灸接骨院)にて開催された

勉強会に出席してきました。

f:id:healbo:20170816200154j:plain

 

 

うえまつ鍼灸整骨院様は

今年5月上新庄にOPENした新しい院です。

お近くにお住まいの方はぜひ場所をご確認ください。

 

今回の勉強会の内容は

”肩”

範囲も広く語るべき内容は尽きないテーマですが

うえまつ鍼灸整骨院の副院長先生が

関節包・滑液包についての解剖をご説明してくださり

その後は出席者全員で

肩関節の疾病や治療法について議論を交わしました。

その後の懇親会でも

臨床の話は尽きることなく

それぞれの経験・成功・失敗談など

幅広く情報共有ができました。

 

今後も定期的にお誘いいただけるということで

現在はフィットネスに深く携わっている私ですが

医療方面のインプットの機会になると思い非常にうれしく思います。

 

ヘルボのメディカルトレーナーとして

会員様の様々なニーズにお応えできるよう

そして、安心安全にトレーニングしていただけるよう

精進を続けていきたいと思います。

 

 

スタッフ

上川

 

 

8/13より日曜日営業開始!

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング ダイエット シェイプアップ

機能回復 障害予防 アスリート養成 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都