読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルボのブログ

トータルヘルスケアスタジオHealboのスタッフブログです

立ち方のすすめ 綺麗に立ってる?自然に立ってる?

こんにちはスタッフの上川です。

 

今日は立ち方のすすめ

ということで

 

綺麗に立っているとは

どの様な状態なのか

これを説明していこうかと思います。

 

足のどこに体重かかっていますか?

まずはこれが大事です。

足のどこに体重がかかっているか

知らぬ間に外側の小指の付け根とかにかかっていませんか?

あとは無理やり指で踏ん張って立っている人はいませんか?

 

もうこのブログでもさんざん言っていますが

足の指には力を入れてはいけません。

 

ちなみに正解の部位は踵の骨です。

踵の骨は意外と広く、さらに踵に体重が乗っていれば

指は脱力できることで急な不安定にも対応が効きます。

 

踵の骨に体重がかかれば

あとは膝の側面→大転子→肩峰→耳介(みみたぶ)の順に

一直線に並ぶよう立てば良いのですが

次も意外と大事です

 

みぞおちの位置おかしくないですか!?

f:id:healbo:20170418120413j:plain

一見綺麗っぽくみえるこの姿勢

問題は背骨にあります。

見かけ上のキレイを意識しすぎて

背中の筋肉に力が入り

胸椎(みぞおちあたり)が前に出すぎているのです。

 

これはキレイみえても”自然”さを失います。

楽じゃないんです。

疲れます。

凝ります。

将来苦労します。

姿勢よさげな女性に多い状態です。

 

ということで

写真のような姿勢になりがちな人は

みぞおちを後ろに少し戻してあげてください。

これで前後の筋肉の使用バランスがとれます。

 

f:id:healbo:20170418120525j:plain

ちなみに反り腰は腹筋を鍛えればどうのこうの・・・

ってのはなしです。

治りません。

 

ただ何も考えず腹筋してもなかなか治らないものです。

みぞおちを後ろにさげるという感覚を習得できなければ

反り腰を根本から改善しようとすることはできないのです。

 

 

まとめ

単順に身体の重心の位置を知っていても

キレイに立つというのは難しいものです。

余計な力が入りやすい人にはもっと難しいのです。

適切な方法で脱力を心得ることからスタートの人も多いのです。

キレイとは一朝一夕では身に付かないのですね。

 

最後に悪い姿勢集

f:id:healbo:20170418120720j:plainf:id:healbo:20170418120708j:plain

f:id:healbo:20170418120700j:plain

どれがどうなっているかわかりますか?

ぜひ考えてみてください 

 

スタッフ

上川

 

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング 

機能回復 障害予防 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都