読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルボのブログ

トータルヘルスケアスタジオHealboのスタッフブログです

脚を意識すればするほど歩き方は悪くなる

こんにちはスタッフの上川です

 

今日は歩くことについてのお話です

 

皆さんが歩き方を考えるとき

意外な落とし穴になってくるポイント

すごく大事ですのでぜひ読んでみてください

 

脚を意識すればするほど歩き方は悪くなる!?

今回の一番のポイントはこれです

歩行を分析したり

靴を変えてみたり

かかとから着地を意識してみたり

 

脚を意識すればするほど

歩き方は悪くなります

 

その理由は

「意識すると見てしまう」という人間の性質にあります

 

f:id:healbo:20160708142555j:plain

脚の運びを気にすると

視線は自然と落ちてしまいます

そして見える範囲でコントロールしようとすると

歩行でとても大事なフェーズである

股関節の後方への動きがなくなってしまいます

これは歩幅も自然と狭めます

 

f:id:healbo:20160708142632j:plain

 

そうすると何が都合悪いか

それは

地面からの負担が膝やお尻・股関節筋の外側部分に

集中してしまうことです

 

疲労が脚の外側のラインにたまる人

靴が外側だけ減っていく人

 

要注意です

 

言葉につられると意識を持っていかれる

私が最近特に注意しているのは

「かかとから着地」です

 

この文言は結果からみると

間違ってはいません。

 

健康な歩行ができる人をみても

かかと(踵骨エリア)から着地しています

しかし

かかとから着地という言葉があるからこそ

へんな着地になっている人がとても多いです

脚に意識を持っていかれやすい文言なんです

 

f:id:healbo:20160708143307j:plain

踵から着地は結果的に間違ってはいません!しかし

意識すると間違います!これは間違いない!

↑ややこしいですね

 

 じゃあどこをor何を意識するの?

骨盤を動かすという感覚または

お腹・胸から進んでいくor上半身全体で進んでいく

これらがベターです

 

そのうえで肩甲骨が動いているのがベストです

 

え?本当に脚を意識しなくても変わるの?

変わります。

脚はついてくるものです

身体が進むのに合わせて勝手に支えてくれるだけです

 

そして余計な力が入ってさえいなければ

上半身優位な歩き方で

脚は勝手に理想の軌道を描き始めます

優しく足音を余計に立てずに歩くことができます

 

 

今まで足の着き方ばかり気にして

どんどんと足を着くことで

地球と喧嘩していたあなたも

身体全体がスーっと前に進むように移動できます

 

 

視線も上がり前向きな気持ちで歩くことができます

自信のなかった外歩きも

少し楽しくなるでしょう

 

まとめ

文面では伝わりにくい部分もあるとは思います

しかし、

思い当たることが多い人もいたのではないでしょうか?

脚に痛みもしびれも不調も感じないとき

あなたは脚を意識して歩いていましたか?

考えるのは前に進むことだけだったでしょう?

必要なのはいかにロスなく前に進むか

 

足の着き方なんて考えていたら

歩き方はさらに乱れます

 

ヘルボではレッスン時間にこのような指導も

併せて実施しております。

ぜひ一度体験してみてください。

 

スタッフ

上川

 

併せて、ヘルボでの健康イベントもお知らせしております

7月はウォーキング!詳しくは下の記事をご覧ください

healbo.hatenablog.com

 

トータルヘルスケアスタジオHealbo(ヘルボ)

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

TEL 072-692-0289(お気軽にお問い合わせください)

✉ healbo@hbg-info.jp (メールでもお問い合わせいただけます)

 

 

healbo.wix.com

 

パワープレート® POWER PLATE® 加速度トレーニング®

大阪 高槻 富田 パーソナルトレーニング 

機能回復 障害予防 腰痛予防 肩こり改善

茨木 吹田 摂津 豊中 箕面 枚方 京都